グラフィックデザイナーになりたい!そんなあなたの進学・就職支援サイト

アートディレクターってどんな仕事?

 

 

アートディレクターは簡単に言うとグラフィックデザイナーよりワンランク上のポジションで、自らはデザイン制作を行わず、制作スタッフに指示を出して作品を作ります。

 

 

日本の代表的なアートディレクターには佐藤可士和さん、浅場克己さん、宇川直宏さん、立花ハジメさん等がいます。

 

デザイン専門誌では『AD』と略される事がありますが、テレビ業界のAD(アシストディレクター)とは違いますので注意してください。

 

 

 

 

なぜ1人で作らないの?

 

デザインの仕事というのは小中規模の案件の場合、大抵は1人で制作を行います。

 

では何故アートディレクターのような職業が必要なのでしょう?

 

 

大きな案件で予算も沢山あって、
作業が多岐に渡る場合、沢山の人に依頼を出さなければ、どんなにスキルの高いデザイナーでも1人では手が回りませんし、クライアントの要求するクオリティの高い作品が作れないのです。

 

 

イラストレーターへのイラスト依頼
起用タレント、モデルの選出
タレント・商品撮影をカメラマンに指示
広告コンセプトをデザイナーに指示
コピーライターにキャッチコピーを依頼

 

 

等を行い、
沢山のスタッフに指示を出し、1つあるいは複数の制作物を生み出します。

 

 

グラフィックデザイナーが平社員なら、アートディレクターは課長のようなものでしょうか。

 

 

小さなデザイン事務所では、社員がグラフィックデザイナーで、社長が営業兼アートディレクターを務めているというケースが多いです。

 

 

アートディレクターはいきなりなれる職業ではなく、グラフィックデザイナーとして働いてキャリアを重ねるうちに上から任されるようになるのが普通です。

 

 

 

 

多くの業種の人と関わるため、社交性とコミュニケーション力、コンセプトに沿った作品に仕上がるよう、良いモノは良い、駄目なものは駄目と的確にスタッフに言える力が要求されます。

 

 

短期間集中講座でプロデザイナーの技術を学ぶ

ヒューマンアカデミーのDTPデザイナー講座 ヒューマンアカデミーのDTPデザイナー講座なら、目的に合わせた勉強をライフスタイルに合わせて受講できます。 プロ直伝の技が学べるのはもちろんの事、受講修了後の就職・転職のフォローまで万全です。


HOME このサイトについて おすすめスクール