グラフィックデザイナーになりたい人のための進学・就職支援サイト

デザイナーに向いている人

 

どんな仕事でも、人によって適性があります。
これからグラフィックデザイナーを目指す人の多くは

『私にデザインの仕事は向いてるのかなぁ?』

と不安に考えているのでは。
グラフィックデザイナーに向いている人の特徴を紹介します。

 

 

絵を描くのが得意な人

グラフィックデザインで重要なものは絵の上手さよりユニークな発想力ですが、絵を描く行為が色々な発想を生むためか、発想力のある人は必然的に絵が得意な傾向があります。
絵が得意という事は、モノの細部を捉える観察力があるという事で、クライアントの要望を上手く汲み取ってユニークな発想につなげる力になります。

 

 

 

コツコツと作業をするのが得意な人

コツコツ作業するのが得意な人

グラフィックデザインの仕事は華々しい面だけではありません。
商品画像を延々と切り抜いたり何十ページにもわたる記事のレイアウトを調整したり、同じ事を延々と繰り返すような、地道で緻密な作業も沢山あります。
その作業は、時には徹夜になる事も…。
そんな時、途中で投げ出さないで作業に没頭出来る集中力がデザイナーには求められます。

 

 

 

ユニークな発想が出来る人

グラフィックデザインは、綺麗なデザインを作るだけが仕事ではありません。
独自の切り口で、商品をより分かりやすく、魅力的に見せる事が仕事です。
ユニークな発想力は、絵を上手に描く事やパソコンの知識より大事です。
不景気でモノが売れない今、面白いアイデアを沢山持っている人が今まで以上に求められています。

 

 

 

コミュニケーション力のある人

グラフィックデザイナーは、パソコンに向かって制作をするだけが仕事ではありません。
クライアントの要望するイメージを汲み取って制作物に反映しなければなりません。
そのためには、相手の話をよく聞いて好みやイメージを汲み取り、相手が欲しがっているカタチを創り出すコミュニケーション能力が要求されます。
『思った通りのモノを出してくれる』と評価されるデザイナーは強いです。
『自分の作りたい物だけを作って、クライアントの言う事は聞かない!』
というスタンスでは、仕事は来なくなります。

 

 

 

これらに全て当てはまってなければいけないという事ではありませんが、
自分に当てはまらない部分は、これから伸ばすべきスキル目標として考えてみましょう。

 

 

 

デザイナーの道にすすむには?

 

デザイナーになるのに必要な勉強や準備は状況によって異なります。
以下の2つのうち、あなたの今の状況に合った方をクリックしてお進みください。

 

現現在社会人で、デザイナーに転身したい

 

現現在学生で、デザイナーになりたい

 


HOME このサイトについて おすすめスクール