デザイン業界を目指す人のための進学・就職解説サイト

パソコン選びのコツ

グラフィックデザインに必要な道具は?』で紹介したようにデザインの仕事には何はなくともパソコン本体が必要なのですが、
グラフィックデザイン業界ではMacが主流です。

 

Windowsに比べてMacの機種は数えるほどしか無いのですが、それでもどのMacを買えば良いのか迷ってしまいます。
そこで、私のこれまでの経験からどんなMacを購入すれば良いのか、選び方のポイントを紹介します。

 

 

 

最新モデルを選ぼう

MacはOSがバージョンアップするとだんだん動作が重くなるのですが、バージョンアップのサイクルが短いので、中古品を買うと最新OSでは作業が遅くなってしまう場合があります。
最新モデルを購入して、ストレスの無い作業環境にしましょう。

 

 

 

 

出来ればデスクトップ型がベスト

画面の大きさは、最低でもA4、大きくてA3サイズの紙がスッポリ入るくらいのサイズが欲しいところです。
ノート型だと画面が小さくて作業しづらいので、デスクトップ型を購入するのがベストです。

 

 

iMacとMac Pro、買うならどちら?

最近のiMacは高性能で、グラフィックデザインでも全く問題なく使える性能となりました。
Mac Proの方が性能は良いのですが、映像制作でない限り、そこまでの性能は必要ないかもしれません。
コストパフォーマンス的にはiMacが一番おすすめです。

 

 

メモリは出来れば最大に!

Macを購入する時、メモリをどれくらい入れるか選ぶ事ができます。
メモリ容量によって、Macの処理速度はかなり変わります。
メモリ容量が少ないと処理速度が遅くて仕事が捗らず、納期に影響する場合があります。
予算が許す限り出来るだけ多く積んでください。

 

 

【まとめ】Mac購入はケチるべからず!

Macはパソコンの中でも割高なので、どうしても予算を抑えたくて中古品を買ったり、メモリをケチったり、画面サイズの小さい物を購入しがちです。
私も今まで予算をケチってきたタイプですが、結局は制作が捗らないだけなのでケチって良かったと思った事は一度もありません。
そのような経験を通して、今回ご紹介した方法でMacを購入するようになったのですが、
ケチらなくて良かった?
と毎日のように実感しています。

 

これから専門学校、美術大学へ進学する人は学校で無料で使えたり格安で購入できる制度もあるかもしれませんので、進学前から無理に購入する必要は無いかもしれません。

 

 

 

短期間集中講座でプロデザイナーの技術を学ぶ

ヒューマンアカデミーのDTPデザイナー講座 ヒューマンアカデミーのDTPデザイナー講座なら、目的に合わせた勉強をライフスタイルに合わせて受講できます。 プロ直伝の技が学べるのはもちろんの事、受講修了後の就職・転職のフォローまで万全です。


HOME このサイトについて おすすめスクール