このサイトはデザイナーの転職が分かるサイトです。

こんな会社は要注意!

デザイナーが社長を兼任している会社は要注意!?

更新日:

デザイナーが社長を兼任
社長がデザイナー、アートディレクターを兼任している場合、
コスト意識が希薄な場合が多いのが特徴です。

ひどい会社になると、
赤字経営のままズルズルと経営を続け、給料の支払いが遅れ、突然倒産…
というところもあります。

また、古株のデザイナーに特に多いのですが
『残業なんて終電までやるのが当たり前』
『熱が出ても這ってでも出社するのが当たり前』
と考えるタイプの人がいます。

昔はそれで通用したかもしれませんが、
現代の働き方ではありません。

辛いと感じながらも、社長の昔ながらのスポ根にズルズルを付き合わされ、
『仕事というのは、こういう働き方が当たり前なんだ』
と洗脳されてしまっては、あまり幸福な仕事のやり方とはいえません。

そのくせ安月給だったりするので、
デザイナーを兼任する社長は
グラフィックデザインをビジネスと考える視点より、
自己表現のアートと捉える視点の方が大きい傾向があるのかもしれません。

残業ばかり多く、それに見合った給料を出してもらえない可能性が
非常に高いので、
デザイナーが社長を兼任しているデザイン事務所は要注意かもしれません。

-こんな会社は要注意!
-,

Copyright© デザイナー辞めたい|転職・悩み解決 , 2018 All Rights Reserved.