このサイトはデザイナーの転職が分かるサイトです。

人間関係

​営業部の権力にガマンできない!?

更新日:

営業部の権力にガマンできない

中〜大規模のデザイン会社の場合、デザイナーと営業職が分業になっているケースがあります。

こんな現場でよく起こるのが営業マンとデザイナーの軋轢。

『俺たちがみんなを食わしてやっている』
という意識が強い営業マンは、
権力を振りかざし無茶な納期を要求してきたりします。

中にはデザインの基礎知識もなく、
取引先でちゃんとしたヒアリングもせずデザイナーに放り投げる営業マンも。

これはデザイナーにとってはたまったものではありませんね。^^;

こういった日々のやりとりで疲弊していくデザイナーは少なくありません。

コミュニケーション能力を活かして仕事を取って来るという性質上、
体育会系の人が多いのですが、文系のデザイナーとは水と油のような関係。

苦手な人は本当に苦手かもしれません。
また、営業が権力を握る企業構造は、個人の力ではなかなか、どうにもしがたいものです。

転職の狙い目は中小規模のデザイン事務所

中小規模のデザイン事務所では、
社長やデザイナーが営業を兼ねるので、
営業マンが存在しない職場も珍しくありません。

そのかわりデザイナーが営業マンを兼ねてクライアントとの折衝を行うケースが多いです。

営業マンとの軋轢が気になる人は、このような職場を探すと良いでしょう。

どうやって探す!?営業マンがいない職場

求人サイトに掲載された情報を見ただけでは、営業マンがいるのかいないのかまでは分かりません。
(同じ会社名で営業の求人が出てないか探す方法もありますが、時間がかかり過ぎます)

このような細かい希望条件に沿った求人を探すには、実はちょっとしたテクニックがあります。

次の記事は
希望通りの仕事に転職する裏技

-人間関係
-,

Copyright© デザイナー辞めたい|転職・悩み解決 , 2018 All Rights Reserved.