Webデザイナーになるための勉強方法を紹介!

◯◯からWebデザイナーになるには

30代からWebデザイナーになる方法

更新日:

30代を越えてから夢だったWebデザイナーにどうしてもなりたい!と考える人も多いのではないでしょうか。今回は、30代からWebデザイナーになる方法を紹介します。

そもそも就職できるのか

30代以上を対象にしたWebデザイン業界の求人は、Webディレクター募集のものがほとんどです。30代からWebデザイナーを目指すということは、応用レベルがやっと…というレベルなので、Webディレクターとして応募できるスキルはない状態だと思います。
そんな状況下では20代より苦戦を強いられることは間違いありません。しかし、Webデザイナーとしての就職が全く不可能というわけではないので、諦めない姿勢が必要になります。

どうやって勉強する?

30代ともなると、学生のように自由な時間は多くありません。そのため、効率的な学習が重要です。『時短と集中』がポイントです。

独学はダメ

独学は学習スピードが遅くなる上に、一旦つまづくと挫折まっしぐらで、かえって時間とお金を無駄にする危険性があります。

社会人向けスクールに通う

社会人を対象にしたWebデザイン短期スクールがあります。
これらのスクールに通えば最短1ヶ月ほどでWebデザインの基本をマスターできるのでおすすめです。

関連ページ : 【特集】社会人向けWebデザインスクール

就職口はどうやって探す?

社会人向けスクールは大抵就職サポートをしていますので、積極的に利用しましょう。
その他にも派遣登録したり、奥の手としてはフリーランスデザイナーとしてデビューすることも…。

まとめ

30代からWebデザイナーになるのは簡単な道ではありません。
もしかしたら、最初は希望した条件で就職できないかもしれません。しかし実務に就ければこっちのもので、実績を積んでいけばコーダー(またはデザイナー)からWebディレクターへとステップアップすることも夢ではありません。
思い立ったが吉日、夢の実現に向けて少しの間本気で取り組んでみてはいかがでしょうか。

-◯◯からWebデザイナーになるには

Copyright© Webデザイナーになるには , 2018 All Rights Reserved.