Webデザイナーになるための勉強方法を紹介!

Webデザイナーってどんな仕事?

Webデザイナーの仕事内容

更新日:

Webデザイナーは、ウェブサイト、ホームページ、ブログ、webサービス、アプリ開発などに携わるお仕事です。
見た目のデザインだけでなく、操作性を考慮するユーザビリティ、インタラクティブな動きを実現するスクリプトに関する知識など、幅広いスキルが必要とされます。

 

また、日々進化するインターネットに合わせて常に新しい技術を勉強して取り入れなければなりません。

コーダー

HTMLコーディング専門の仕事です。コーダーはグラフィック素材の制作を行うことはなく、コーディングだけに集中して作業します。HTMLへの深い理解と、正確なHTML記述スキルが求められます。

(ビジュアル、グラフィック)デザイナー

ロゴデザイン、サイトデザイン、アイコンデザインなど主に『見た目』の部分を制作する仕事です。タイポグラフィ、視覚伝達、色彩に関する知識など、デザインに対する深い知識が要求されます。ただしデザイナーはデザインだけでなく、最低限のコーディングに関する知識も必要です。

UIデザイナー

UI(ユーザーインターフェース)の見た目、操作感、使いやすさを専門に設計するデザイナーです。
サイトのUIが直感的な使い心地、一目見てすぐ分かるものかどうかでリピート率や商品購入率に大きく影響します。
デザインの基礎知識はもちろん、UXまで考慮した設計スキルが求められます。

Webデザイナーの就職先

-Webデザイナーってどんな仕事?

Copyright© Webデザイナーになるには , 2018 All Rights Reserved.