Webデザイナーってどんな仕事?

Webデザイナーに向いてる人

更新日:

pasona_23_tp_v

Webデザイン業界へ就職・転職したいけれど、「私ってWebデザイナーに向いているのかなあ?」と不安になる人も多いのではないでしょうか。

Webデザイン業界で長く活躍できる人には共通の性格があります。Webデザイナーに向いているのは一体どんなタイプの人なのでしょうか?

コンピュータ、インターネットが好きな人

これは必須条件といっても良いかもしれません。ネットサーフィンで色々なサイトを見るのが好きで、「このサイトはどうやって作ってるんだろう?」「こんなサイト、私も作りたい!」という好奇心が湧いてくる人はWebデザイナーに向いているでしょう。

他職種の人と上手くコミュニケーション出来る人

Webサイト制作の現場は、Webデザイナー、UIデザイナー、プログラマー、システム管理者、営業マンなど、さまざまな職種の人の意見が飛び交う現場です。

とくにクライアント(取引先)との打ち合わせは、相手が全く違う分野の業種で、Webデザインへの理解が少ない事から不可能な事や無茶を言われる事もあります。

皆、自分の職業を軸に意見を主張するので、意見が衝突する場面も珍しくありません。

そんな時、相手の話をよく理解して和やかに円滑に仕事を進められるコミュニケーション能力が必要とされます。

commu

 

根気良く作業出来る人

WebデザイナーはHTMLコーディング、デザイン素材の制作、UIデザイン、ブラウザチェックなど長い時間をかけて一人で完成しなければならない事が多く、非常に根気の要る仕事です。
地味な作業でも根気よく続けられる粘り強さが要求されます。

新し物好きの人

情報の移り変わりが速いWeb業界では、日々変化するWebサービスやデザイン表現、グラフィックツールやオーサリングツールに対するアンテナを常に張っておく必要があります。
常に最新のデザイン、技術を取り入れてクライアントの要望に応え、同業他社と差をつける事が必要な仕事なので、新しもの好きの性格の人はWeb業界では有利でしょう。

さいごに

いかがだったでしょうか?これらに全部当てはまらなくても学校で勉強したり就職したりするうちにWebデザイナーとしての適性を発揮していく人も沢山います。
後天的な努力でステップアップしていく事は十分に可能なので、頑張ってみてください。

「社会人からWebデザイナーになるには」

-Webデザイナーってどんな仕事?

Copyright© Webデザイナーになるには , 2018 All Rights Reserved.