グラフィックデザイナーになるための勉強方法を紹介!

進学方法

高校生からグラフィックデザイナーを目指す

更新日:

進路を考える時期にさしかかり、デザインの仕事をしたいと思ったあなた。

グラフィックデザインという仕事がどんな仕事なのか、まだよく分からないという方も多いかも知れませんが、デザインに携わる仕事が出来るようになるには、デザイン系・美術系学校への進学が一般的な進学先となります。

 

デザインの才能があるか不安…

デザインの仕事には興味あるけど、自分に向いているのか、才能があるのか不安という人も多いようです。中学校、高校ではデザインの授業がないケースがほとんどだと思いますので、少しばかり絵を描くのが好きだから…という理由でデザイナーになりたいと考えるのは間違いではないかという不安を抱くことでしょう。
もし才能がなかったら進学が無駄になってしまう…。そんな心配をするのも無理はありません。
グラフィックデザインは理論を覚えて実践する仕事なので、「好き」という気持ちを大事にして勉強に取り組めばデザイナーになる事は不可能ではなく、決して今から不安になる必要はありません。

 

デザイナーになるには大学と専門学校、どちらが有利?

大学のメリット

大学は理論を学び深く追求する傾向があり、芸術性の高いデザインをハイレベルで学ぶことができます。
美術大学に入れば確実にレベルの高い授業が受けられますし、大卒という事で一般職を含めると就職の選択肢も広がります。
上位ランクの美術大学となると試験も難しいですが、有名企業に就職した先輩デザイナーが沢山います。

大学のデメリット

デザイン科が多く設置されている美術系大学は、学費が非常に高い傾向があります。
また、デッサンの実技試験があるため、美術予備校に通うための月謝も必要です。

更に県外の大学へ行きたいとなると、受験するための旅費、その後の下宿代、在学中の画材費など経済的負担はかなりのものになります。大学の資料を取り寄せれば詳しい学費が載っていますので、お家の経済事情が心配な人は、学費を調べて早めにご両親に相談する事をおすすめします。

 

専門学校のメリット

次に専門学校ですが、簡単な筆記試験と面接で進学のハードルが低い傾向にあります。デッサンの実技試験などもありません。
また、美術大学より学費が安くすみます。

その一方、専門学校は美術大学と違って実践スキル修得に重点を置いていますので、卒業してすぐ即戦力で働けるというメリットがあります。

専門学校のデメリット

専門学校は卒業しても世間的な学歴は高卒と見られるため、その点で親御さんからの賛成を得にくい場合があります。

 

進学先を選ぶポイント

・通いやすい場所にある
・学科が幅広い
・家の予算に合った学費である
・就職率が高い

各大学、専門学校の資料を見るとこれらの情報は詳しく載っていますので、気になる学校があればまとめて資料を取り寄せて、いつでも比較できるようにしておくと進学先が決めやすくなります。

気になる学校はまとめて資料をGET!

・スタディサプリ
・マイナビ進学

このへんの資料請求サイトをチェックすると、学校の情報も分かりやすくまとまっていますし、まとめて資料請求できるのでとても便利です。

 

在学中にやっておくべき事

 

コミュニケーション力を磨く

私は他人とコミュニケーションするのが苦手ないわゆる『コミュ障』で、『絵でモノを言う職業に就きたい』と思ったのがこの道を選んだきっかけでした。

でも現場に入ったら自分が思い描いていた世界と違ってて、クライアントの望むデザインを作るために、めちゃめちゃコミュニケーションを取らなければいけません。

私のように人と話すのが苦手、友達がいない…という人は、人と話す練習を今からしてください。
これは、親も学校も、社会も教えてくれない事なので自発的に努力してみましょう。

 

デッサン力を磨く

美術大学に進学する人は、美術系の予備校に通いましょう。
独学で通用する程試験は簡単ではありませんので、予備校に通うのは必須だと考えてください。

専門学校に進学する人も、今からデッサン力を磨いておいて損はないので、出来ればデッサン教室に通う事をおすすめします。

経済的に難しい人は、デッサン入門等の本を購入して独学で学ぶだけでもかなり勉強になると思います。

 

 

 

やらなくても良い事

MacやIllustratorなどの機材を買い揃える事

デザイン用の機材を持ってないといけないんじゃないかと気にする方がいますが、進学する前から気にする必要はありません。

デザイナーの気分を少しでも早く味わいたくて、まず道具を揃えたい気持ちになると思いますが、運転免許を取る前にフェラーリを買うようなものです。

全く使いこなせない事請け合いですので、進学して授業でIllustratorを触ってみて、それでも物足りなかったら購入を考えましょう。

 

まとめ

 

進路を大まかに決める

美術大学か?専門学校か?
地元で通うか?県外へ行くか?

学校へ進路を伝える

美術大学の場合は予備校に通う

受験

学校へ通う

卒業

就職。目指せ一流デザイナー!

 


-進学方法

Copyright© グラフィックデザイナーになるには , 2018 All Rights Reserved.