グラフィックデザイナーになるための勉強方法を紹介!

どんな仕事?

グラフィックデザイナーの魅力・メリット

更新日:

グラフィックデザイナーという職業の魅力は、何と言っても自分の感性を活かした作品が世の中に出回り、多くの人の目に触れてもらえる事です。

 

産みの苦しみもありますが、その分自分の作品が世に出た時の喜びは格別です。

 

専門スキルを持っていると転職しやすい

手に職を持つという意味でも非常に強みがあります。
技術を持たない会社員は、リストラされると新しい就職先でまた一から仕事を覚えなければなりませんが、グラフィックデザイナーならそんな事はありません。
転職しても、前職のノウハウを活かしてすぐ即戦力となる事が出来ます。

 

 

在宅作業できるという点も強みです。
サービス業や土木・農業等、体が資本の仕事は体を壊して現場に行けなくなったら収入はゼロですが、
グラフィックデザインはパソコンさえ操作出来れば、自宅での作業で収入を得る事も十分可能です。

 

 

ただ、昨今の不景気により仕事の単価が下がる等、グラフィックデザインを取り巻く現状は決して楽とは言えません。
今後は綺麗なデザインが出来るだけではなく、クライアントが扱う商品の付加価値や売り上げを今まで以上に具体的にアップさせるスキルが求められます。

 

 

このスキルを磨くのはグラフィックデザイナーになりたての頃は難しいので、最初は先輩からデザインの基礎を教わるだけで十分だと思います。
自分で営業やディレクションを行えるようになると、デザインだけに収まらない視野で仕事を見られるようになり、ますます楽しい仕事に出来るのがグラフィックデザインの魅力だと思います。

 

 

『デザイナーに向いている人』

 

 

-どんな仕事?

Copyright© グラフィックデザイナーになるには , 2018 All Rights Reserved.