グラフィックデザイナーになるための勉強方法を紹介!

ツール・アプリ

グラフィックデザインに必要な道具

更新日:

グラフィックデザイン業界は一昔前までカラス口やロットリングといったアナログ的な道具で作業していましたが、
現在ではほぼ全ての工程をコンピューター上で完結しますので、PC一台と数本のソフトで事足りてしまいます。

 

必要なソフト

グラフィックデザイン業界では、ほぼ全ての会社がAdobe社から発売されているグラフィックソフトを使用しています。

 

Adobe Illustrator
Adobe Photoshop

 

この二つは最低限必須です。

雑誌などを手がける場合は『Adobe InDesign』なども必要になります。

 

Adobe Illustrator

チラシ、ポスターのレイアウト、イラスト制作などで幅広く使用されます。

 

Adobe Photoshop

写真の加工や、Adobe Illustratorでは表現できないイラストに使用されます。

 

Adobe InDesign

雑誌のページレイアウトを組むために使用されます。

 

これらのソフトは業界標準で、デザインの仕事をするには必携のソフトです。

しかし、ソフトを買ったその日からデザインの仕事が出来るかというと、そんな事はありません。
あまりのハードルの高さに何をどう進めていいか分からない状態になり、大半の人が挫折してしまいます。

 

次の記事では、挫折してしまう理由と対策方法を紹介します。

 

 

→アドビソフトを買った後挫折しない方法

 

 

グラフィックデザイン業界で使われるPC

グラフィックデザイン業界で使われているPCは、昔からMacが主流です。

『Macはカッコいい』というイメージがあるので、デザイナーはカッコつけるために
Macを使っているという印象を持つかもしれませんが、
Macはグラフィックデザインが快適に出来るよう設計されているという現実的な一面もあります。

Windows は印刷物の色を再現するのが非常に苦手なので、
グラフィックデザインの世界ではほとんど使用されていません。

 

これらのコンピューターとソフトは、学校に行く前に個人的に揃えれば、
自宅でもじっくり予習復習が出来ます。

 

お金に余裕が無い場合は、無理して買わなくても学校で放課後残るなどして、
積極的に利用すれば良いと思います。

 

その方が、クラスメイトや先生から思わぬ情報が学びがもらえる事も!?

 

-ツール・アプリ

Copyright© グラフィックデザイナーになるには , 2018 All Rights Reserved.