グラフィックデザイナーになるための勉強方法を紹介!

どんな仕事?

デザイン業界って、残業が多い?

更新日:

デザイン業界は残業や徹夜が多いイメージを持つ人も多いと思いますが、
実際はどうでしょうか?

 

長年現場を見てきた私が、残業事情のホントのところをご説明します。

 

 

厳しい納期・避けられない残業

依頼された仕事を締め切りに間に合わせるのはプロのグラフィックデザイナーとして第一条件です。
ですが、納品までの期間が短い仕事が多く、
中には夕方に依頼して来て『今日中に』なんて言ってくるクライアントも存在します。

 

 

そういう仕事も珍しくないので、残業は必然的に多くなります。

 

 

そういった現状が日常化しているデザイン業界で、定時で帰れる会社というのは本当に少なく、
働いた分だけ時給が欲しいと考える人には厳しい世界というのが正直なところです。

 

 

 

残業時間は会社によってまちまちで、
20時~21時頃までの会社もあれば、毎日終電または徹夜…という会社も珍しくありません。

 

 

 

残業が多いデザイン事務所の特徴は?

まさに好きでなければ続かない仕事ではありますが、残業が多い会社を見分けるコツが一つあります。

 

 

グラフィックデザイナー(あるいは元デザイナー)が社長をやっている会社は要注意です。
このタイプにはいわゆる『職人気質』が多く、サービス残業なんて当たり前!残業手当なんて無くて当たり前!
と考える人が多く存在します。
(※あくまでも目安です)

 

 

もちろん、それでもいいから良い仕事がしたい、経験を積みたいという事で、
そのような会社に入るのも選択肢の一つです。

 

 

『残業してる人間の方が偉い』と考える先輩がいる職場も要注意ですが、
そういう人はどんな職場にもいるので、そういう人を避けるのではなく、上手く折り合いをつけて仕事が出来るよう立ち回る事が大事でしょう。

 

 

どうしても定時であがれる職場を希望する人は、派遣登録を検討してみましょう。

 

 

 

-どんな仕事?

Copyright© グラフィックデザイナーになるには , 2018 All Rights Reserved.