働き方

【残業少なめ】デザイナーで派遣という働き方

更新日:


皆さんは派遣という働き方を視野に入れたことはありますか?

デザイナー、クリエイターは中小のデザイン事務所で働くことが王道となっているので、あまり考えたことがない方も多いかもしれませんが、クリエイティブ系の仕事でも派遣で働くことができます。

派遣とは?
派遣会社に登録し、派遣会社が紹介する企業に「出向」する働き方です。

 

派遣のメリット
・残業が少ない
・職場チェンジできる
・大企業で働ける

出向先の企業は無駄なコストを増やしたくないので、なるべく残業させないことが多いです。

また、人間関係や業務内容で不満があった場合は出向先を変えてもらうこともできます。

出向先には大企業も多く、思いもよらない有名企業で働く機会に恵まれるなど、派遣ならではの魅力があります。

 

派遣のデメリット
・祝日の多い月は収入が少ない
・残業代が稼ぎにくい

派遣の給与体系はアルバイトと似ていて時間給のため、年末年始やゴールデンウィークなど祝日の多い月は収入が少なくなります。
また、メリットと表裏一体になりますが企業側はコストを抑えるためサッサと帰って欲しいので、残業代を稼ぐという働き方がしにくいです。

 

社会保険はどうなる?

派遣で働く場合の社会保険ですが、労働時間・契約日数が短いと社会保険がつかず、厚生年金や健康保険などを自分で収めなければなりません。

逆に言えば条件を満たすと社会保険はつけられます(というか加入の義務があります)。

 

派遣登録こんな人におすすめ
・家庭の事情で残業が難しい人
・フリーランスの人
・未経験分野に挑戦したい人

派遣は時間給のため、残業されると企業としてはコストがかかってしまいます。そのため、定時退社を推奨されるケースが多いです。
育児や介護で残業できない、フリーランスだが派遣で働いて収入を安定さたい、という人にはおすすめです。

 

未経験業種もOK

意外に知られていませんが、未経験業種に挑戦できるのも派遣のメリットの一つです。

派遣会社が保有している派遣先から、スキルアップできそうな企業を紹介してもらえるので、無理なくキャリアアップすることも夢ではありません。

筆者はグラフィックデザイナーから、未経験でWebデザインの職務を希望し派遣登録したことがあります。
その結果、自分のレベルにあった企業を紹介してもらいWebデザイナーとして出向し、キャリアを積むことができました。
(趣味でホームページを作っていたことも多少ポイントになりましたが、正社員として面接を受けたら不採用だったと思います)

 

派遣先で評価が高ければ社員登用も!

出向先企業によっては社員登用制度を実施しているところもあり、あなたのスキルが高評価を受ければ社員登用へのお誘いが来ることも。
今は派遣でフレキシブルに働きたいけど将来的は正社員で働きたい…という人にとっても、派遣は魅力的な働き方といえます。

 

 

 

クリエイティブ系に強い派遣会社

リクルートスタッフィング

Webディレクター、Webデザイナー、DTPオペレーターなどクリエイティブ系の案件が豊富な人材派遣会社です。
リクルートグループが運営する派遣会社の大手ということもあり信頼性が高く、大企業のお仕事も多く取り扱っています。

また、健康保険組合に加入できるほか、健康診断、歯科検診、育児・介護休業など福利厚生が充実しているのも特徴です。

-働き方

Copyright© デザイナー&クリエイター転職 , 2019 All Rights Reserved.