転職への道のり

転職活動で疲れる原因と対処方法

更新日:

転職活動に疲れた
転職活動にはパワーを使います。精神的負担も相当のものになりますので、長引くと疲れてしまいます。
そんな転職活動での疲れの原因と対処方法を解説します。

履歴書を書く時間がない

デザイン業界は残業が多いため、求人を探す時間や履歴書を書く時間がありません。
平日はプライベートな時間がないため、準備に手間取る人も多いようです。

「平日はほぼ終電コースなので、就活の準備は土日。でもほんとはゆっくり休みたい…。何もしたくない…。」(24歳 男性)

スケジュール管理が大変

面接は平日が多いので、通勤しながらの就職活動はスケジュール管理が大変です。

「今日はこの会社、明日はあの会社と面接が続くと今日はどの会社だっけ?と混乱してしまう」(28歳 女性)

デザイン事務所は制作も営業も私服が当たり前の世界だからスーツで出社すると違和感ありあり。転職はホント気を使う(31歳 男性)

不採用の連続で心が折れる

短期間で内定をもらうことが出来れば良いのですが、大半の人は予定通りにいきません。
不採用の通知を何度も受け取るたびに、転職活動に燃えていた最初の情熱がだんだん消えていきます。
好感触な面接で、「絶対受かった!」と思っていても不採用となることも少なくありません。
「また一からやり直しだ…」と思うと、不安と焦りがこみ上げ心が折れ、転職活動も仕事も身が入らなくなります。

「自分のデザインスキルならすぐに次の転職先が決まると思っていたら不採用続き。自分のキャリアを全否定された気分になり、かなり落ち込みました」(28歳 男性)

転職活動が長引くと…?

不採用が続いて長引くとルーチンワークになり、転職活動のために転職活動しているような変な精神状態になります。
なんのために転職するんだっけ?と、目的を失うこともあります。
なぜ転職したいのか、アップさせたい条件、やりたい事、やりたくない事、どんな自分になりたいかなど条件を定期的に書き出しましょう。

そもそもなぜ不採用が続くのか?

不採用の原因にはライバルが多い、ニーズが合わない、社風に合わないなどさまざな原因があります。あなた自身に原因がない場合もたくさんありますので、あまりくよくよ落ち込んでも意味がありません。どうしても不採用の原因が知りたいなら、直接電話で問い合わせてみると良いでしょう。

下がり切ったテンション、どう改善する?

転職フェアに参加する

家の中で求人を探しているだけでは息が詰まってしまいます。たまには転職フェアに参加して、心理的なモードを切り替えてみましょう。転職フェアはdodaなどが開催しています。

休息はしっかり取る

真面目でがんばり屋さんの人ほど自分を追い込んで一生懸命になりすぎてしまうものですが、人間には適度な休息が必要です。
あれもしなくちゃ、これもしなくちゃと毎日気を張っていれば、誰でも心身ともに疲れてしまいます。
一週間単位の時間割を作って、休息の時間を確保してはどうでしょうか。
休む時間がもったいないと、思うかもしれませんが、しっかりとした休息時間を取ると意外にも作業効率は上がります。
やる時はやる、休む時は休む。オンオフのメリハリをはっきりさせましょう。

友人、家族と話す

気の許せる家族、友人と世間話や転職活動の苦労話を軽い気持ちで聞いてもらいましょう。あなたの事を理解している家族や友人なら、きっと良いアドバイスをしてくれるはずです。転職経験のある友人がいれば、どうやって転職を成功させたか聞いてみるのも良いでしょう。

求人探しを改善する

一度求人案件の探し方に見直しをかけるのも良いでしょう。

条件を絞ってみる・または広げる

求人をたくさん身過ぎて疲れている場合は譲れない条件に重点を置いて、チェックする求人を絞ります。
不採用が続き、希望業種に求人案件が少なくなってきた場合は他業種などに範囲を広げてみましょう。

求人探しを自動化する

求人探しを求人サイトから一つ一つチェックしていると時間がかかりますので、転職サイトからおすすめ求人を送ってもらえるよう設定しましょう。多くの転職サイトがメールでおすすめの求人を送ってくれますが、「@type」のパーソナルマッチングはかなり詳細な希望条件を設定できるのでおすすめです。
なるべく手動での求人をやめて、求人探しは求人サイトに任せてしまいましょう。

資格を取って選択肢を増やす

デザイナーは資格を必要としない職業ですが、一般職では資格が重要な判断基準になることが多いです。そんな時、何の資格も持たないデザイナーは他業種に転職するには不利になってしまいます。
資格を取ると選択肢が広がるので、通信教育や社会人向けスクールに通うことを検討してみましょう。

転職エージェントを利用する

「転職エージェント」とは、転職のプロが希望条件を聞いてアドバイスしてくれるサービスです。あなたにどんな仕事が向いているのか相談に乗ってくれます。

さいごに

転職活動がスイスイと進む人は少ないのではないでしょうか。
不安になる気持ちはとても理解できますが、顔に出てしまっては面接に不利になってしまい、就職疲れスパイラルが起きてしまいます。
皆さんが焦らず、堂々と転職活動できることを願います。

-転職への道のり
-

Copyright© デザイナー&クリエイター転職 , 2019 All Rights Reserved.