DTP独学 通信講座おすすめ

DTP通信講座 グラフィックデザイン

デザイン業界への転職を目指す社会人にとって、勉強の時間が限られるのは大きな問題。
スクールに通う時間がない場合、どうやってデザインの技術を学べば良いのでしょうか?

 

スキマ時間を利用して通信講座を活用

スクールに通学する時間がない、近くにスクールがないという社会人には、自宅で学べる通信講座がおすすめです。

「たのまな」のアドビオンライントレーニング通信講座なら、自宅にいながらAdobeソフトの習得が可能です。

「たのまな」とは?
「たのまな」とは、社会人向けスクールを運営するヒューマンアカデミーの通信教育制度です。
売りっぱなしの教材とは違い、課題の添削、就職サポートまでしてくれるのが心強い通信教育です。

 

動画で学ぶ。だから分かりやすい

たのまなの大きなポイントは、ソフト操作を動画で学習できることです。
テキストだけで学習するのに比べて、分かりやすさ・理解度が圧倒的に違います。

 

添削課題トレーニングあり

現役クリエイターの講師が、課題を添削してくれる添削課題トレーニングもオプションで用意されています。トレーニングでは、Photoshop、Illustrator、InDesign のアプリケーションを使いこなし、デザインから印刷会社への入稿までDTPの現場で必須となる知識を身につけ、商業印刷物の制作方法を習得します。

課題内容は

■B5フライヤー ■名刺サイズ店舗カード ■冊子

となります。
これらの作成スキルはDTPを仕事にする上でも必須と言える媒体なので、このへんを押さえておけばDTPの基礎を固める事ができるでしょう。

分からない箇所は何回でも質問出来るので、疑問を残さず無理なくステップアップできます。

 

アドビソフトが安く使える

アドビソフトは現在、Creative Cloudと呼ばれる月額課金制度となっていますが、「たのまな」を利用すると1〜3年間アカデミック版が利用可能です。
アカデミック版とは、生徒・教員用に用意された教育機関向けのエディションですが、機能的には通常版と変わらず、利用料金だけが一般向けよりかなりお得になっています。

 

就職サポートも万全

たのまなには「充実の絆サポート」と呼ばれる10のサポートがあります。
その中には就職サポート、副業・開業サポートもありますので、通信講座を受けたけど実際の仕事に活かせない、どうやって就活して良いか分からないといった事にはなりません。

 

たのまなのデメリット

やはり在宅での通信講座ですから、学校と違ってクラスメイトとの切磋琢磨、情報交換ができないことでしょうか。
一人で勉強する通信講座ではそれが出来ないため、モチベーションの維持には気を引き締めていかなければなりません。
「 充実の絆サポート」の中には情報交換ができるコミュニティもありますので、積極的に利用して受講生同士で情報交換してモチベーションを高め、通学スクールとの違いを埋めていきましょう。

「たのまな」はこんな人におすすめ

  • 参考書を買ったが途中で挫折した
  • 残業が多く、スクールに通えない
  • 社会人からデザイナーに転職したい
  • 在宅でデザインを仕事をできるようになりたい
公式サイト・詳細はこちら!

ヒューマンアカデミー「たのまな」Adobe Creative Cloud + 通信講座

タイトルとURLをコピーしました