グラフィックデザイン、Webデザインのクリエイティブ情報を発信します。

未分類

パッケージデザインってどんな仕事?

更新日:

パッケージデザインは、商品を魅力的に見せるパッケージをデザインする仕事です。
ポスター、チラシのような平面デザインと違い、立体的にどう見せるかというスキルが必要です。
パッケージの展開図までデザインするので、チラシなどのDTPデザインよりも高度な専門性が必要とされます。

ほとんどの場合、グラフィックデザイナーの仕事の一部としてパッケージデザインが存在しますので、
パッケージ専門のデザイナーはごくわずかです。

パッケージデザイナーの就職先

  • デザイン事務所
  • 企業内のデザイン制作部

パッケージデザインに必要な勉強

  • グラフィックデザイン全般
  • illustrator、Photoshop、InDesignなどDTPグラフィックソフトの操作
  • ロゴデザイン
  • 印刷の基礎知識

以上のような勉強が必要とされます。
デザイン業は国家資格などは必要なく、
就職の際にも重要視されないので基礎知識の他にセンスを磨くことが重要です。

パッケージデザインが勉強できる学校

資格の大原
専門学校「資格の大原」のクリエイターコース
グラフィックデザインを基礎としながら、パッケージデザイン、エディトリアルデザインに関する実践的な授業を受けられ、パッケージデザイナーとしての知識とスキルが身につき、就職に有利に役立つと評判です。

 

まとめ

パッケージデザイナーになるための勉強ができる学校は他にも多数あります。
進学ポータルサイトなどでまとめて検索できますので、通学しやすいか、納得できる設備やカリキュラムかを確認して、自分に合った学校を探してみましょう。

 

-未分類

Copyright© デザイン業界ガイド , 2018 All Rights Reserved.